2019年12月08日

元リネ2ユーザから見たリネ2M:ネタ編

今回は、PCリネ2でできていたことがリネ2Mではどれだけできるかを検証しました。

主にネタ的な意味で。

●海は泳げる?

 ×:泳げません

 海を泳いで、GK費を節約した思い出のあるリネユーザーはたくさんいると思いますが
 今作は泳げません!

 海岸線で見えない壁に阻まれて、ダイブはできませんでした。
 船も形だけで乗れず、運航中に海に落ちるみたいなこともできません。
  01jpg.jpg

●おすすめの観光スポットは?(風景の撮影スポット)

 △:ほとんど無いです。

 ワープ代たくさん使っていろんな場所で散策してみましたが、
 グラフィックは綺麗だけど、PC版のような観光スポットはほぼ無いです。
 あるのは、狩場か街だけ。

 なんとなく眺めがよさそうな所があったけどこの程度。
   02.jpg
 UI消したい!もっと引きで撮りたい!自分消したい!


 寄り道しようとしても、見えない壁に阻まれて一本道になってます。

 PC版では、敵もNPCもいない場所だけど、滝だったり、湖だったり、
 山の上から街を眺められたり、散策するだけでも時間を潰せました。

 いい場所があればそこをクランイベントの会場に飾り付けたりして
 遊びに使ったり、記念の集合写真を撮ったりもしました。

 そういった要素はこのゲームは無いですね。

●警備兵は殴れる?

  03.jpg 

 〇:はい。殴れます。

 PC版のようにCTL押しながらクリックとかじゃなく、タゲって攻撃ボタン押したら殴るので
 操作ミスに気を付けましょう。

●落下はある?

 ×:試した範囲では無かったです。

 落ちれそうに見える場所には例のごとく見えない壁があり、落ちることができません。
 どこかにはあるかもしれませんが、ネタで飛び降りは気軽にできなさそうですね。

 このゲームはデスペナと装備ドロップがあるので、気楽に死なないように配慮したのかも。
 デスペナと装備ドロップは再現するのに、ネタ系はほとんど封印とか流石NCクオリティ

●アイテム床置きはできる?

 ×:できません。

 リリース前に書いた記事で、↓の拾うボタンを見て、床置きができるんじゃないかと
 期待していましたが、まんまと外れました。
  04.jpg


 このボタンは、ボスとか特定の敵がたまにドロップする装備を拾うことができますが、
 自分から床に物を落とすことはできません。

 自分から床置きはできないですが、そのうち、使うとクリスマスツリーが
 出現するようなお遊びアイテムは出る気はします。

 でも、そういうんじゃないんだよな〜

 ↓PC版時代にやったクランイベントのビンゴ大会ですが、この他にもアデナとかアイテムを
 床置きして色んな遊びができました。(もちろん会場は人通りの無い場所を選んでます)
   04_2.jpg 

 こういう自由度の高いことができたのは、他のMMOもいくつか遊んだけどリネ2だけでした。
 (置ける場所が特定のエリアに限定されてるのは幾つかあったけど、どこでも置けるのはない)

 装備品とかアデナは、今のご時世、床置きできると色々問題あるのはわかるので、
 飾りつけ用アイテムくらいは床置きできるようにしてほしかった・・

 そういえば、今回は、エコクリやサイコロも見てないな〜


●アジトはある?

 〇:あります。

 血盟レベルがあがるとアジトを持てるようになるようです。
 装飾アイテムとかはアジト用が多そうですね。

 ただ、これまでの感触だと、ハウジング要素は期待しないほうが良いかと。
 クランを作った後の最初の目標にはなりそうです。

●ソーシャルアクションはある?

 〇:あります。

 一定数ソーシャルアクションが用意されていて、ボタンを押すと動きます。
 05.jpg

 「座る」はソーシャルアクションでできましたが、特に自然回復量が上がるとかは無かったです。
   06.jpg

 ↑ちなみに、ここはギランの神殿脇の通路です。
 街の完全再現はされてないですが、面影を感じる場所はちょくちょく出てきます。

●マクロはある?

 △:あります。ただし、PC版のような機能は無いです。

 単純な言葉とソーシャルアクションの組み合わせを登録できる
 しょっぺぇやつ↓ならありました。
 07.jpg


 連続実行できるマクロコマンドを登録したり、
 スキル発動を登録したりはできない、しょっぺぇやつです。

 ちなみに押すと、白チャでしゃべりやがるので注意してください。

 08.jpg
 無難なものに編集しようとして押したら、
 街の隅っこでテンション高いやつを発動してしまいました。

●撮影機能はある?

 ?:Purpleにライブ配信機能があるような記述を見ましたが韓国語わからないので不明です。

 本家にあったリプレイ機能はなさそうです。
 キャプチャソフトを使っても、FPS視点にもできないので、必ず自分が映りこんでしまい、
 PVとかネタ撮影は難しいですね。
 UIも消せないし(UI消し機能は、もしかしたらあるかもしれないけど)


以上、ネタ要素はどれだけ残されているかの紹介でしたが、
リネ2のいい意味での遊び要素がほぼ潰されてますね。

余計な機能はそぎ落として、純粋に狩り、育成、PvPに寄せてきたゲームになってます。

別に余分な遊び要素なんか求めてない、って人には最適かと思います。
クエストも余計な寄り道なくビュンビュン飛んで進めるので効率はPC版に比べてはるかに良いです。

ただ、自分みたいな、MMOには余分なものがあるほど良いって人には物足りないゲームになってます。
自由度をそぎ落としたら、リネはポチポチゲーなので、クッキークリッカー系に近いですね。

テンポがいいので、そういうのが好きな人はハマると思います。

例えば、↓韓国版は捨てプレイなのに、無意識に装備を揃えようとしちゃったり、
クエストが止まらなくて、ついLvが上がってったり・・
09.jpg
(杖と上防具だけ高級)



その分、燃え尽きるのも早そうです。
なので、韓国版は、特別な検証する以外はもう触らないようにします。
そうしないと、韓国版だけで燃え尽きる・・

そこを乗り切るのが仲間だったり、息抜きできる遊び要素なので、
それが無いと踏ん張れなくて続かないでしょうね〜自分は。

日本リリースまでにその辺を払しょくしてくれるアップデートがあればいいですが・・
それかそれを満たせる別のMMOでも出てくれば・・

posted by Vozel at 08:50| Comment(2) | リネ2M

2019年12月06日

元リネ2ユーザから見たリネ2M:操作編

前回はネガティブな内容でしたが、今回は多少ポジティブな内容もあります。

今回は操作編として、UI/UX周りの紹介です。

●視点・カメラ

 視点は4種類あります。

 ・SHOULDER
       01.jpg
   肩越しのTPS視点です。
   残念ながらアップしてもキャラは消えません。
   正直あまり使い道はなさそうです。
   
 ・FREE
      02.jpg
   PC版やってた人はなじみ深い視点です。
   自由に視点を動かせます。
   自分はこれが一番落ち着きます。
   
 ・QUARTER
      03.jpg
   見下ろし視点で、モバイルとか自動狩り中に便利です。
   
 ・TOP
   同じ見下ろし視点だけど、左右は固定されてます。
   これも自分はあまり使わないですね。
   (QUATERと見栄え同じなので絵は省略)
   

 撮影用に自分を消せるFPS視点がほしかったですが、残念ながらありませんでした。


●移動手段

 PC版では、GK(ゲートキーパー)を使って移動で、GKが居ない場合は徒歩で移動でしたが、
 リネ2Mでは、どこからでもワープ可能です。

 地図から行きたいポイントをタップするか、クエストの右側のワープマークをタップするだけです。
 【地図からワープ】
 04.jpg


 【クエストからワープ】
 05.jpg

 これはかなり便利で、序盤はアデナもかからないのでサクサク進みます。

 ただ、反面、まったく道や土地勘を覚えられません・・・

 昔は、狩場に通う道が面倒で、狩場近くでログアウトしたりしたものですが、
 それが不要となるとそれはそれで寂しいですね・・
 辻¥してくれる人が待ちの入り口近くにいたりしたのも懐かしい。

 ちなみに、自分で歩きたいって人は歩くこともできますが、寄り道が全くない
 平坦な一本道で、面白みが全然無いので、歩いて覚える価値は無いです。
 (アデナ節約できるくらい)

●狩り:ターゲッティング

 狩りでは、2つの方法でターゲッティングができます。
  ・敵をクリック
  ・サーチをかける

 サーチをかけると、↓のように周囲の敵の名前がザっと出てくるので
 そこから対象をクリックするだけです。

 モバイルでも、これがあるおかげでターゲットしやすくなってます。
 06.jpg

●狩り:攻撃

 攻撃はターゲットしたら攻撃ボタンを押すか、AUTOモードをONにすると
 勝手に周囲をサーチして攻撃してくれます。
 AUTOモードは設定で細かい指定も可能です。

 07.jpg

 普段はAUTOばかりになるかと。

 どれだけ自動狩り性能を高められるかで、アデナ効率が全然変わるゲームなので、
 プレイの最初の目標は、自動狩りの最適化(装備、狩場、スキル、バフ)から始めることになります。

 PTプレイとかPvPやるようになるまでは、
  自動狩りの最適化⇒適正Lv帯で放置⇒Lvアップ⇒次の適正Lv帯用に最適化
 の繰り返しですね。

 地味ですが、リネらしいっちゃリネらしいです。

●狩り:PTプレイ

 PTプレイは相手がいないので、エアプですが、調べた感じだと、
 PTリーダーがターゲットの共有をできるようで、それを見て他のプレイヤーが
 ターゲットを合わせる感じになります。

 PTリーダー側には、攻撃ボタンの左側にターゲット共有ボタンが現れて、
 押すとPTメンバーにターゲットを共有
 08.jpg

 PTメンバー側には、同じ場所にASSISTボタンが現れて押すと、共有されたターゲットを攻撃
 09.jpg

 それぞれがAUTOモードにしちゃうと、PTメンバーがバラバラの敵を叩きに行っちゃうので、
 PTプレイはある程度張り付きが必要です。

 共有されたアシストを自動攻撃してくれれば楽なんですけどね〜(FAしてる人以外w)

 PC版だとターゲットリーダを決めてその人の名前を右クリックしてアシストしたり、
 /targetマクロを組んでタゲ合わせしてましたね。



以上、ザっと基本的な所だけ紹介しましたが、UI/UXに関してはモバイルと共用ってこともあり
便利に作られています。
手軽にできるという点ではプラスだと思いました。

個人的にはPCはPC用に自由にカスタマイズできるようにしてほしかったですが・・
ボタンとか無駄にでかくて、せせこましく感じる。

次回は育成編を書こうと思いましたが、既にYoutubeとかブログとかで有意義な情報出してる人はたくさんいるので、ちょっと視点を変えてネタ編で行きます。

posted by Vozel at 20:45| Comment(0) | リネ2M

2019年12月01日

韓国版リネ2M起動しちまった

前回の続きの操作編の前に・・・

新鮮な気持ちで日本版をプレイしたかったので、韓国版をやるつもりなかったのですが、
Youtubeとか見てると、結局疑似プレイした感覚になっちゃってるので、
はじめちゃいました。

01.jpg

事前登録で登録してたキャラで!

序盤はサクサクで、1時間かからないくらいでLv20なりました。
この辺の感想とかは次回の操作編ででも。

事前登録プレゼント?なのかガチャ券が入ってたので、
回してみました。
02.jpg



英雄とか出ちゃったらどうしよう




03.jpg


ひげおっさんでした。


前回お伝えした通り、Lvさえ上がれば自分が選んだ系統のクラスは手に入るようです。
Lv80が伝説っぽい。
05.jpg

もちろん、リネ2Mの情報集め用にはじめただけなので、本気ではやりません。

ぽろっと英雄とか出たら韓国版辞められないもの。(500万かけて1体出たとか言われてるやつ)

OBTな気分で色々試してみます。

もちろん、ネタ的な意味でね!

攻略情報的なのは期待しないでくださいませ。



posted by Vozel at 23:40| Comment(2) | リネ2M